メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ

ホーム > 図書館だより > 2020年4月

2020年4月

新生活が始まる4月になりました。

三股図書館では新型コロナウイルス感染予防のため、下記の対策を行っています。

・多目的ルーム、館内閲覧席、視聴覚ブース、インターネット閲覧の利用閉鎖

・館内の換気のため常時窓を開ける

・図書館出入口、館内の2か所にアルコール消毒液の設置

また、長時間の滞在をお控えいただきますようお願いしています。

引き続きご不便をおかけしますが、ご理解ご協力よろしくお願いします。

≪図書館司書のあれこれ≫

図書館の本を棚に戻す作業を「ハイカ」というのですが、

漢字で書くと「排架」と「配架」の二通りの書き方があります。

違いは何だ!?と調べてみると明確な意味の違いがありました。

「排」は「一定の順序で連ねる」、「配」は「割り当てる」との意味で、

「排列」は順序よく並べること、「配列」はただ並べることであるそうです。

図書館の本は分野ごとに順序よく並べてあります。

つまり、意味を考えると正しいのは「排架」ですね。

しかし広辞苑第七版には「配架:図書などを棚に整理して並べること」との記述。

整理して並べるのは「排架」じゃないの?とまたまた調べました。

昔、「排」という字が制限漢字になった時に「配」の字が代わりに使われ、

元々の漢字のイメージもあり「配」の字が一般的になったことから、

広辞苑には「配架」のみ掲載されていると思われます。

言葉って変わっていくんだなぁと思いました。

同時に、日常のちょっとした不思議や違いを調べる楽しさも感じました。

みなさんにも体験してもらおうと「しらべものクイズ」をつくりました。

自宅で解けるクイズです。関連本の展示も行っています。

図書館窓口の近くに置いています。ご自由にお持ち帰りください。

参考文献

・レファレンス共同データベースより

「なぜ図書館用語の「ハイカ」を「排架」と書くのか」(福井県立図書館)

・広辞苑第七版 岩波書店

≪図書館だより≫

今月の図書館だよりは、読書案内本の紹介です。

おすすめの本を紹介している書籍です。本選びの参考にいかがでしょうか?

図書館だより2020年4月.pdf(pdf:0.0KB)